主流派経済学は人間の利己的行動を前提に成立しているが、本書はそれ以外の行動動機(利他性、幸福の追求など)も考慮することによって、新しい社会科学を構想することを試みた研究書。

>>出版社による本書の紹介
>>日経新聞による本書の紹介